蝉の声

こんにちは。
先週末、蟬の脱け殻を見つけて、「あれっ?」っと思っていたら、
今朝はもう蝉の合唱を聞きました。そろそろ夏本番ですねぇ。
週末、豊田ではまだ蝉の声は聞きませんでしたが、
晴れた日の畑の暑さはやっぱり夏!でした。
そして、畑では、そろそろ次の植え付けの相談が始まっていたりもします(玉葱や白菜やレタスやら…)。本当に夏の畑は大忙しです。
そんな中、春に種を見つけて、どうしても植えたかった小豆の種を蒔いてみました♪

自分で育てた小豆で、おぜんざいやらあんぱんやら…、妄想を膨らませてニヤニヤしながら育苗トレーに種まきしました。お祖母さんが言うには、小豆は7月の満月に蒔くと良いそうなんですが、ちょうど土曜日が満月だったので、良いタイミングでした♪

色々物知りなお祖母さん。
この豆は高く伸びるんだわ。と言いながら、豆の支柱をのばしています。

トウモロコシのお世話をしているお祖父さん。
手前はもう収穫した所です。トウモロコシは茎も葉も芯のところも良い肥料になるそうで、
「食べきれなくても肥料にするから」と言って、たくさん植えたのですが、今の所食べきれない、なんて事はなさそうです(笑)

大きくなった栗のいが。早生の木はもう来月には収穫出来るそうですemoji

大きくなり過ぎて、袋からはみ出た葡萄。
これは巨峰です。ちょっとですが色づいて来ています。
葡萄も、もうすぐですね〜。

大豆はすくすく。
もちろんお豆としても食べますが、枝豆も楽しみです。
「枝豆ととうもろこしは、鍋にお湯を沸かしてから収穫した方が良い」
と言われるくらい、採り立てのおいしさは特別です。

ちょっと時期外れだったからか、半額で売られていた紫アスパラの苗。
暑さに負けず、根がつきますように。

今年始めたハーブの花壇で種が採れました。
右から、コリアンダー、ディル、カレープランツ、ボリジ。
コリアンダーとディルは種もスパイスとして利用できますね。
種として取っておくか、スパイスとして使ってみるか、…悩む所です。

たくさん採れたスモモ。
これ以外にも、ちょっと傷のついたのが箱いっぱいに。
痛みやすい果物なので、食べきれないし、ジャムとシロップを作ってみる事に…。
種をとって、痛んだ所は削って…。
お鍋一杯のスモモをこの状態にするのに約2時間。ちょうど3キロになりました。
40%、1、2キロのお砂糖と煮込みます。

アクを取りながらひたすらグツグツ。
見えているお茶パックには種が入っています。
種の周りにペクチンが多いみたいなので、一応一緒に炊いてみようかと…。
調べると、スモモってペクチンが多いみたいなので、要らないかなぁ、でも、貧乏性な私、勿体ない気もして…。

煮詰めて煮詰めて…。
ずいぶんとろみがついて、はねるジャムが熱いったらありません。
ふと思いついて、洗い立ての農作業用の手甲をかき混ぜる方の腕にはめたら快適でした。
冷めると、またとろみが出るので、このくらいかなぁ?
漉して作る方も多いみたいですが、私はちょっと果肉が残っている方が好きなのでこのままで。

出来上がり。アルコールで消毒した瓶にジャムを詰めて、お鍋で炊いて脱気と殺菌。
たくさん出来たので、しばらく楽しめそうです♪

こちらはシロップ。
梅シロップと同じように、スモモと氷砂糖とリンゴ酢を少し。
スモモは二種類あって、手前が赤い果肉のスモモと果肉が黄みがかったスモモ。
スモモのシロップは初めての挑戦です。どうぞ美味しく出来ますように。

暑さの度合いは猫の寝る場所と寝相でも分かります。
暑いけれど、まだ限界ではありません。
本当に暑い時は、ひんやりしたガラスのテーブルにお腹べったりですから…(笑)

……うちの猫と交代してみたい時あります……。
もうすぐきっと梅雨もあけて、本当にもっと暑くなりますね、
どうぞ皆様も体調管理に気をつけて、お元気に夏を過ごせますように。
                                  ユキ