なぜ農業は方法の変化を求めらてるの?

畑だより
なぜ今、農業の方法について変化が求められているのか、 youtubeでざっくりとわかりやすい動画があったので共有します! 下に書き起こしと翻訳も載せたので よろしければ参考にしてみてくださいね!

参考動画はこちら

翻訳したものを申請しておいたので、そのうち日本語字幕で見られるようになっているかも

書き起こしと翻訳

Hi, this is Kate from MinuteEarth.

Ten thousand years ago, we humans came up with a revolutionary new idea for how to feed ourselves: agriculture!

こんにちは、MinuteEarthのKateです。

1万年前、自分たちで自分たちを養うための革新的なアイデアを思い付きました。そう、農業です。

Plough land, plant a crop, water, fertilize, harvest, and repeat each year.
And today, we’re pretty much still doing the same thing as 10,000 years ago.

土地を耕し、作物を植え、水を与え、施肥し、収穫し、そして毎年繰り返し。
今日でも、まだ1万年前とほとんど同じことをしています。

Thanks to the industrial revolution, we ARE producing much larger quantities of food than we used to.
But we are also putting far more resources into producing food than we used to.

産業革命のおかげで、私たちは、以前よりはるかに大量の食料を生産しています。しかし、同じように、食料を生産するために以前よりもはるかに多くの資源を投入しています。

As a result, water levels in the world’s largest aquifers are falling faster than they’re being replenished; our underground supply of phosphorous – a nutrient critical to plant photosynthesis – will be exhausted in a few hundred years; and we’re using up the very ground itself, since soil blows and washes off of our fields 50 times faster than it forms.

その結果、世界最大の帯水層の水位は、補充されるよりも早く低下しています。
また、植物の光合成に不可欠な栄養素であるリン酸塩の供給も、土がそれを形成するよりも50倍早く吹き飛ばされたり、畑から洗い流されたりするために、数百年で使い尽くされるでしょう。

We can extend the life of these inputs with resource-saving techniques like precision farming and technologies like gene editing, but it’s likely that no amount of retrofitting our 10,000-year-old approach to farming will make it work for billions of people for the next 10,000 years.

私たちは、精密農業のような省資源技術や遺伝子組み換えといった技術によって、これらの供給の寿命を延ばすことは可能ですが、1万年前の農業へを取り組みを改良しても、次の1万年で、何十億人もの人々の役立つことはないでしょう。

So, what are future humans going to do about dinner?

One possibility is to switch to a food-making system where resources get recycled rather than depleted.

では、将来の夕食のためには何ができるのでしょうか?

1つの可能性は、食品製造システムを資源が枯渇するシステムではなくリサイクルされる方法に切り替えることです。

Radical as it sounds, this kind of system already exists all around us, in nature, where sunlight is the only major energy input, and ecosystems comprised of many different coexisting plants and critters cycle nutrients and water within the system, or use resources at a rate equivalent to how much is coming in.

この種のシステムは、太陽光が唯一の主なエネルギー入力である自然界の中では、私たちの周りにすでに存在しており、共存する多種多様な植物や生物で構成される生態系は、システム内で栄養素と水を循環させる、もしくは、入ってくる量と等しい割合の資源を利用しています。

We have started taking some cues from natural ecosystems, by interspersing crops with trees to encourage a healthy habitat for pollinators and pest controllers, and by changing the crops themselves.

私たちは、花粉媒介者や害虫駆除者のための健康な生息地を奨励するために木と作物を点在させたり、作物自体を変化させることによって、自然の生態系からいくつかの手がかりを得始めています。

For example, we’ve begun to develop perennial forms of wheat, rice, and other grains that can live through many harvests, unlike traditional grains, which we have to plough and replant every year.

例えば、私たちは、毎年耕して植え直さなければならない伝統的な穀物とは異なる、多年生の小麦や米、その他の穀物などの開発を始めています。

The idea is to eventually grow the new grains alongside a variety of other long-lived plants in self-sustaining ecosystems that keep hold of soil, water, and nutrients.

この考えは、土壌、水、そして栄養素を保持する自立した生態系の中で、他の長寿命の植物と一緒に、最終的に新らしい穀物を育てる、というものです。

If we could manage to do this for all of our food, it would be qualitatively different from any other way humans have grown food on a large scale: not quite hunting & gathering,not plant-harvest-repeat, but… a sort of futuristic blend between the two.

私たちがすべての食べ物に対してこれを実行することができれば、それは人間が大規模に食べ物を栽培してきた他の方法とは、本質的に異なるでしょう。しかし、この2つは一種の未来的な融合です。

Hey there, I’m Alex!
I’m here, visiting the Land Institute, the sponsor of this video.
They’re creating a new form of agriculture.

こんにちは、Alexです!
このビデオのスポンサーであるLand Instituteに訪れています。
彼らは新しい形の農業を生み出しています。

It mimics natural ecosystems in order to help feed the world’s population with fewer environmental impacts.

それは、より少ない環境影響で世界の人口を養うのを助けるために、自然の生態系の真似をする、というもの。

Here at the Land Institute, plant breeders and ecologists are developing perennial versions of grains, legumes, and oilseeds, like these, behind me.

このLand Instituteでは、植物育種家や生態学者たちが、後ろにあるような、多年生の穀物や豆類、油糧種子を開発しています。

The goal is to grow them in ecologically functional and diverse mixtures, called polycultures.

彼らの目標は、生態学的に機能的で多様性のある「混作」と呼ばれる方法で、それらを育てることです。

To learn more about how the Land Institute’s perennial polycultures could help revolutionize agriculture, or to support their work, visit LandInstitute.org.

Land Instituteが行っている多年生植物の混作がどのように農業に革命を起こすのかを学ぶため、または、彼らの仕事を支援するために、LandInstitute.orgを訪問してください。