ロンググッドバイ

こないだ、ゆってたロンググッドバイがそろそろ、読み終わりそうです。
ハードカバーの重たい本なんだけど、持ち歩いて、てくてくぽちぽち読んでたら、
気がつけば、今は、訳者の春樹さんの解説文にまでたどり着きました。
やっぱりね~、好きだな~。春樹さんの書く本も勿論好きなんだけど、
春樹さんの好きな作家さん、私も、ほとんど例外なく好きですね~。
私、いつか、春樹さんにお礼のお手紙を書きたいくらいです。
色んな良い文章に、大切な物語に出会わせてくれておおきに。って。
チャンドラーもやっぱり良かった。
マーロウとも、テリーとも、私はきっとお友達にはなれないけれど、
彼らが二人でどこかのバーでギムレットを、飲んでる景色を眺めてみたいな~って思います。
それは、きっと、嫌な景色じゃない気がするんだな。もしかすると、少し儚かったり、退廃的だったりするとしても、それでも、私にとっては、なんだかきっと眺めて心に残しておきたい景色のはずなんです。