農家は農産物についての価値の情報は伝えているが、その価値自体についての情報は伝えられていない問題

きいたりみたりよんだり

2017年の年末に国連から、2019年から2028年までの10年間を「家族農業の10年」とすることが決定したとの発表があったように、世界的に小規模・家族農業が重要視されるようになってきました。

飢餓から世界を救え!国連が”家族農業の10年”を採択

 

小規模・家族農業は、大規模農業とくらべて、

  • 多品目を栽培することによる安定した生産
  • 労働の調整役
  • 環境への低影響や持続可能性

(もちろん100%そうというわけではない)

などのメリットがあるものの、

まだまだその良さを伝えきれてない、伝わっていないということがありそうです。

 

そもそも小規模・家族農業ってなに?

次の映像は、フランス・モンペリエの農業大学院大学の学生が中心となって作ったドキュメンタリー映画で、そもそも小規模・家族農業とはどういうものかを知るには良い作品です。

【タイトル】Those who sow(邦題:未来を耕す人びと)

【制作】アグロサッカド

【監督】ピエール・フロマンタン

【日本語字幕制作】小規模・家族農業ネットワーク・ジャパン(SFFNJ)

 

【映画】Those who sowの感想

映像については、べき論も多いので、見る人によってはしんどいかもしれませんが、僕がこの映像のなかで、いちばん気になったのが「価値の情報は伝わるが、価値についての情報は伝えられていない」ということについて。

最初にも挙げたとおり、小規模・家族農業には、

  • 多品目を栽培することによる安定した生産
  • 労働の調整役
  • 環境への低影響や持続可能性

など、いろいろ良い面もあるのですが、市場を通すとそういった利点が反映されにくく、大規模(資本主義的・モノカルチャーなど)農業との価格面のみでの直接競争には勝てません。なので、小規模・家族農業が生き残っていくためには消費者と直接つながることや、それを支えるシステムづくりが大切なことの1つであることは間違いありません。

 

消費者と生産者のあいだの壁

でも、そのときの問題として、生産物そのものについての価値については説明されていても、その情報自体の価値についての説明が少ないことで、それが「消費者と生産者の間の壁」となってしまっているということだと思います。

これから農業をやっていこうと思っている人や、農業を通して新しい価値を伝えていきたい人は、このことを意識して情報を発信していく必要がありますよね。

また、もう1つ、映像内で「農と食のシステムは生産者と消費者の共同作業で創られる」といっているように、消費者の立場の方は、こういった農業の特徴と限界について知ることや、新しい価値やシステムへの参加などが小さな農家が生き残っていくためには必要なので、もし気に入った農家さんやサービスがあれば試しに利用してみてくださいね。最近はポケマルのようなスマホでかんたんに農家とつながれるものもありますし、少し探すだけでも意外といろいろありますよ。

個人的には、一方向的な売買の関係ではなくて、お互いにコミュニケーションをとりながら、より良いモノやその先にある環境を一緒につくっていける関係が理想なので、これからだんだんそのような形をつくっていけたらいいなと思っています。